re誰に頼むべきか?

column

 一般にコンサルタントに依頼する価値は、「クライアントの知らない優れた手法(専門知識や情報)を教えてもらえることだ」と考えられていると思います。確かに、我々コンサルタントは経営手法をお伝えはします。しかし、ここで考えてみていただきたいことがあります。
 情報社会と言われ、インターネットが発達した今日、本当にそのような知識や情報を教えることが最重要な価値でしょうか?そもそも、弁護士は現代社会で最も知的な職業の一つであり、その方々に知識や情報の提供がどれほどのものになるでしょうか?そんなものは書籍なりインターネットなりで自ら調べて、さっさと理解してしまう知力の高い人たちです。
 私は、もはやコンサルタントが知識や情報をご提供することは、無料サービスの部分だと認識しています。情報が無尽蔵に入手できるようになった今日、コンサルタントに必要な要件は別のところにあると思います。それを先述の「専門家に依頼するメリット」を踏まえてまとめると、下記のようになります。

Top