reなぜ、コンサルに依頼するとよいのか?

column

 成功の原則を研究した「7つの習慣(スティーヴン・R・コヴィー)」といく書籍の中に、「時間管理マトリックス」という概念が紹介されています。仕事等における行動を「緊急度」と「重要度」で4領域に分類し、有効なマネジメントをしようというものです。

緊急 緊急でない
重要 【第1領域:緊急で重要】

  • 締め切りが迫った仕事
  • クレーム処理
  • 切羽詰まった問題
  • 危機や災害
  • 病気や事故
【第2領域:緊急ではないが重要】

  • 準備・計画・定期検査
  • 人間関係作り
  • 予防・健康診断
  • 家族との時間
  • 地域活動
重要でない 【第3領域:緊急だが重要ではない】

  • 多くの会議や報告書
  • 多くの電話
  • 突然の来訪
  • 急な飲み会のお誘い
  • 無意味な行事・冠婚葬祭
【第4領域:緊急でも重要でもない】

  • 暇つぶし
  • 無意味なテレビ
  • 目的のないネットサーフィン
  • 待ち時間
  • だらだら電話

 この中で著者のコヴィーは、成功や成長のために大切なのは、第二領域と呼んでいる「緊急ではないが重要な領域」だと述べています。なぜなら、今、目前に必要なわけではないが根本的な改善事項や将来に向けての準備・予防事項はすべてこの領域に分類されるからです。
 あなたやあなたの事務所はこの領域のことがきちんとできていますか?
私がお付き合いしてきた方々で、この領域がきちんとできている人はわずかしかいません。最初、私は弁護士のような知的レベルの高い人たちはこういったことはきちんとできていると思っていたのですが、どうやらそうとは限らないことが途中でわかってきました。
 もし、あなたが経営改善をしようと思うなら、事務所成長のカギを握るこの領域こそ、間違いなく着手・推進しなければならない大事な領域です。そして、私はこの領域の推進支援をすることこそがコンサルの最重要な役目だと考えています。クライアント側から見た場合でも、こここそがコンサル導入の最大の価値だとご理解いただけるのではないでしょうか?

Top